中古車の購入で失敗しないために知っておきたいことはいくつもあります。このページでは中古車情報で、最低限知っておきたい基礎知識を解説していきます。

中古車の問題点

中古車名前の通り、誰かがすでに使った物ですので、業者の手によって綺麗にされているとはいえ、様々な問題が出やすいということはどうしようもないことだといえます。中古車販売の業者は中古車を売るためには出来ることは何でもやります、外見を綺麗にするのはもちろんのこと、内装もしっかりとクリーニングして新品同様に綺麗にします。そのため、見た目だけでは中古車とは思えないといった車も多数存在します。しかし、外見は綺麗でも中身はやはり中古車です。そのあたりに気を付けていないと刈田はいいけど、ほとんど動かさないうちに故障してしまって修理代で、結局大きなお金を使ってしまったということにもなりかねないのです。また、中には悪質な中古車販売業者も存在しており、走行処理のメーターをもどして、新しい車に偽装したり、事故車なのに無事故表記をして消費者をだましている業者もありますので、十分に注意が必要となります。

 

修復歴車、重要瑕疵事項のある車

中古車の場合には、事故を起こした車を修理して売るという事が良くあります。いわゆる事故車というやつです。しかし、当然一回事故を起こしているワケですから、その修理箇所を直しても思わぬ所に負担がかかっている場合があり、故障しやすくなっているため、事故車はあまり人気がありません。しかし、その事故の箇所さえ綺麗に直してしまえば外見的にはほとんど変わらないため、新しいうちに事故にあった事故車はとても綺麗で、走行距離もないのにとても安く販売されている場合があります。当然業者には事故車と言うことを明記して販売する義務があり、そうすれば事故車ということで我々消費者も安心して中古車を選ぶことができるのですが、中にはこの事故車の明記をしない販売業者がいるため、注意が必要です。中古車は先ほども述べたように思わぬ所にダメージがある場合が多く、それを知らずに乗っている人はそれを知らないため、下手をすると命の危険をも伴う可能性があります。走っているときに車が故障すれば当然事故の可能性が高いからです。そのため、中古車を買うときは値段だけで選ばず信用できる業者から買うとういのが一番のポイントとなるでしょう。



recommend