中古車の購入で失敗しないために知っておきたいことはいくつもあります。このページでは中古車情報で、最低限知っておきたい基礎知識を解説していきます。

中古車選びチェックポイント

車は大きな買い物です。失敗しないために色々と調べるでしょうし色々と準備をしてから購入するという方がほとんどではないでしょうか。よほどのお金持ちでも無い限りは、感覚だけで車を選ぶんだり、衝動買いのように車を購入するということは難しいのではないでしょうか?

 

しかし、いざ中古車屋さんに行くと一体どこを見ればよいのか全く解らないという自体になってしまうことがほとんどです。知識としては情報を仕入れてきてもやはり、どこを重要と見て良いのかは実際に見てみないと解りません。店員さんにきくとという手もあるのですが、その店の店員さんはどうしても自分の店で買ってもらいたいために、多少の欠点には目をつむってセールスポイントだけを強調してくるでしょうから、鵜呑みにはできません。ここでは、中古車を購入するときに、見ておくと良いポイントをご紹介していこうと思います。

助手席側のホイール・ミラー

中古車を購入する上で目がいきがちなのがエンジンの調子や、走行距離などのどちらかというと機械的な部分でしょう。しかし、以外と重要になってくるのがホイールミラーや、ダッシュボードなどの内装や細かい部品などです。なぜこのような機械やエンジンとは全く関係ない所が重要なのかというと、その車が前のオーナーに大事にされていたかどうかが解るからです。どんなに、走行距離が少ない車でもエンジンオイルをこまめに交換していなかった車は寿命が短くなりますし、どんなに良い車体でも事故を起こしていれば必ずどこかに負担が来ている物なのです。そのような事は中古車業者は隠そうとしますし、内装も綺麗にして売りには出していますが、どうしても細かい部分までは気が回らないことがほとんどです。
そう言った所を見る事でこの中古車の本当の価値が分かってくるのです。

 

 

例えば助手席のホイールミラーに傷が多く残っているという車は、車庫入れの時などに車体感覚があまり無いためにぶつけてしまってできたことが想像できます。このような車は前のオーナーがあまり運転がうまくなく荒っぽく使われていたことが予想できますので、避けた方が良いと言うことになります。あまり運転のうまくない人が乗っていた車は、ミラーなどの外観だけでなく、エンジンや機械系統などにも負担がかかっていることが多く、そのため耐用年数が低いという可能性がたかくなります。逆に車体にあまり傷がなく、大事に扱われていたような形跡があれば、その中古車は購入対象として考えてもよいと思います。

ダッシュボード・グローブボックスの中

ダッシュボードや、グローブボックスの中も中古車を購入するときは確認してみましょう。あまり、掃除をしていない業者であれば中にガソリンスタンドで燃料を入れたときの領収書が残っていることがあります。他にも前オーナーの痕跡が残っていそうな場所は全て見ておきましょう。中古車という以上前にその車がどのように扱われていたかが重要になってきます。スタンドの領収書ではハイオクを入れていたかどうかがわかります。レギュラーでも大丈夫な車にわざわざハイオクを入れていたとしたら、かなりその車を大事にしていたということになりますね。

 

確かにこれだけでは解らないこともありますし、ハイオクを入れていたからといって単なるお金持ちで車自体はそんなに大事にされていなかったということもありえます。しかし、予測をたてることは出来ます。過去大事に扱われていた車を購入することで、中古車購入はうまくいく可能性が広がるのです。


Favorite