中古車の購入で失敗しないために知っておきたいことはいくつもあります。このページでは中古車情報で、最低限知っておきたい基礎知識を解説していきます。

中古車選びのポイント

私たちが車を買い換えたいと思う時期はいつでしょうか?恐らく免許を取ったばかりと言う方なら、すぐに車を運転したいと思いますね。電化製品などと同じように車にも買い時というのがあり、そのころになると車が一斉に値下げをするので、みんなその時期をねらって買いに来ます。つまり、その買い時の時期に車を購入することがお得だということです。車は決して安い買い物ではありません。少しでも安い価格で購入するために、皆「買い時」を狙っているというわけですね。
そんな車の一番の買い時はずばり年度末です。この時期になると新車の販売台数が年単位で見て一番売れており、販売業者は毎年年度末になるととても忙しくなるそうです。コレは決算期に入る前に商品をなるべく売りたいというディーラー側の思惑があるからで、値引きをしてでもなんとか商品を売ろうとするため、消費者側から見ればこんなにお得な時期は無いというわけです。

 

しかし、これはあくまで新車を購入するという場合にかぎります。では中古車に限ってみるといったい何時が買い時といえるのでしょうか?中古車の場合は新車の購入とは違い年度末になると価格が下がるという現象は起こりません。これは、新車販売業者は年末になると台数を売ったときにもらえる報奨金の金額が上がるため、なんとしても車を売ろうとするディーラーが多くなること、また、過去に車を買った人が車検に入れるか、新車を購入するのかを迷う時期もこの時期に集中しています。これはよく考えれば解るのですが、消費者である我々はなんとか安い時期に車を買いたいため当然安くなっている年度末に購入が集中します。そうなると車は買った時期から年単位で車検の時期が決められるため、当然車検の時期も車を購入した時期と重なることになります。そうなると、車検を気に新しい車に乗り換えようかな?と考えている人は同然、この年度末に車を購入することになり、新しい顧客と重なってとても車が売れるというわけです。とくに3月は車の販売台数が平均の2倍を記録するそうでこの時期の車の需要がどれだけ高いのかが解ります。


 

しかし、新車と違い供給が安定しない中古車業界においては、特に急いで商品を売るメリットがないため、価格が下がるということがありません。最近は供給が増えているとはいっても中古車の供給は偶然によるところが大きいため、売ってしまった分が安定されて供給されるということはありません。そんなわけで、特に年度末に中古車を買いに走るというのはオススメできないという結論になります。

 

では、中古車の買い時とは一体何時なのでしょうか?新車の安くなる理由を考えてみるとメーカー側がどうしても売りたい時期に車の値段が落ちていることが解ります。つまり、中古車業者が採算をど返ししてでも商品を売りたい時期というのは何時なのかが解れば良いということになります。中古車業者にも当然ですが決算や月の目標という物があります。しかし、新車を売るディーラーの決算時期が年度末に集中しているのとは違って中古車業者の決算はまちまちです。そのため決算時期が解ればその時期に行けばよいと言うことになりますが、普段は月の目標数がかかった月末などに購入するとよいでしょう。また、目標台数を確保しにくい時期、つまり、人があまり車を買わない時期をねらうのがベストでしょう。その時期とは、世間が夏休みや冬休みなどに入っている休暇の時期や、ボーナスや、クリスマス商戦が一段落した時期が挙げられると思います。目標販売台数があるのにあまり、車が出ないのですから業者としてはなんとしてでも売りたくなりますよね?このような時期をねらうのが中古車をよりやすく買うためのポイントといえます。中古車の購入をお考えであれば、様々な方法で中古車情報の収集を行い、吟味して購入するといいでしょう。

check